審美

03-3462-0766

審美

審美歯科

虫歯などの疾患を治療する、歯本来の機能を回復させるというのが通常の歯科の役割です。審美歯科では、その役割に加えて「美しさ」を追求します。通常の歯科では虫歯などで失われた部分を銀色の銀歯や金属製の詰め物で補います。せっかく歯の疾患を治療しても銀歯や詰め物が目立ってしまうことで、コンプレックスを感じる、人前で笑顔になれないという方も多くいらっしゃいます。審美歯科は保険適用外の診療になりますので、自己負担はどうしても大きくなりますが、その分本来の歯に近い、自然な状態が実現可能です。

セラミック素材のメリット

銀歯や金属製の詰め物の代わりに、本来の歯に近いセラミック製の被せ物や詰め物を使用しますので、虫歯などを治療してもこれまでと同じように見た目の違和感がなく、気にせず笑顔でお過ごしいただけます。

当院では、メタルフリーはジルコニア、E-maxを主に使用しております。

また、セラミックは単に美しさだけがメリットではありません。変色や金属アレルギー、虫歯や歯周病などの疾患といった、さまざまなトラブルのリスクを軽減する効果が期待できます。セラミック素材のメリットをご紹介します。

1本来の歯に近く、見た目が美しい

銀歯や金属製の詰め物は口を開けたときにどうしても目立ってしまいます。白いセラミック製の被せ物や詰め物であれば、口を開けたときにも違和感がありません。質感や透明感、色彩など、精巧に人間の歯を再現しています。

2歯茎が黒ずまない

銀歯を入れて長期間経つと表面が酸化したりさびたりして黒ずんでしまいます。やがて、銀歯本体だけでなく、歯茎までもが黒ずむようになってくるのです。セラミックであれば銀歯のように酸化したりさびたりすることはないので、本体はもちろん歯茎が黒ずむ心配もありません。口内全体の美しさを保つことができます。

3金属アレルギーの心配がない

銀歯にはパラジウムなどの金属が素材として使われています。肌に直接接していなくても、唾液などでパラジウムが僅かに溶け出すことで金属アレルギーを引き起こし、強いかゆみや発疹などが生じるする危険性があります。セラミックであれば金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

4歯のトラブルになりにくい

銀歯は表面にわずかな傷がつきやすいです。その傷に汚れや雑菌が付着することで、虫歯や歯周病につながることもあります。セラミックなら傷がつきにくく、表面に汚れや雑菌も被着しにくいので、虫歯や歯周病の危険性も軽減することが可能です。