矯正

03-3462-0766

矯正

矯正

歯並びが悪いせいで自分の顔に自信がもてない、かみ合わせなどのトラブルが発生している方には矯正がおすすめです。器具を使って歯並びを治すことで、自信を取り戻せ、人前でも笑顔になることができます。また、歯並びを矯正することで滑舌や発音や良くなったり、磨き残しを防いで虫歯や歯周病のリスクを低減したり、咀嚼がしやすくなったりというように、さまざまなメリットが得られます。

矯正したほうが良い歯の種類

具体的に矯正したほうが良い歯の事例をいくつかご紹介します。

叢生(そうせい)

歯が凸凹になっていたり、重なり合って生えていたりする状態です。八重歯や乱ぐい歯もこの叢生の一種とされています。見た目だけでなく、凹凸や歯が重なっている部分に汚れや雑菌が溜まりやすくなっています。叢生を改善すれば虫歯や歯周病の予防にもつながります。

上顎前突

通称「出っ歯」と呼ばれる状態です。上顎が下顎よりも前方に出ているため、歯や歯茎の露出が目立ちます。

下顎前突

上顎前突とは逆に、下顎が上顎よりも前方に出ている状態です。特に下顎前突の場合は咀嚼が上手くできず、食べ物が噛まれていない状態で胃に入る傾向があるので、消化不良になりやすいです。下顎前突で消化不良の自覚症状が頻繁にあるという方は矯正をおすすめします。

上下顎前突

下顎、上顎の歯がともに前方に突き出している状態です。口が空きやすいため、口呼吸が多くなります。そのため、口内も乾燥しやすく、唾液の分泌量が少なくなります。

開咬

奥歯を噛んだときに上下前歯に隙間ができている状態です。食べ物を噛み切れない、発声するときに息が漏れてしまうなどの弊害があります。

目立ちにくい矯正器具のご紹介

矯正器具を使用しているとどうしても金属部分が目立ってしまいます。そこで、当院では目立ちにくくてしっかりと矯正できる器具を採用しています。

クリアブラケット

通常の矯正器具と同様のメカニズムですが、ブラケット部分が透明な樹脂でできています。また、白色のワイヤーを使用しているので、歯と同化して目立ちにくくなっています。

リンガルブラケット

通常の矯正器具は歯の表側に装着しますが、リンガルブラケットは歯の裏側に装着します。そのため、矯正していることが知られることはほとんどありません。

マウスピース

透明で取外し可能なピースタイプの矯正器具です。薄い樹脂素材を使っているので、周りの人に気づかれにくいです。食事や人と会う際には取り外すことができます。